ツバメの巣に含まれる糖鎖とは?

ツバメの巣に含まれる糖鎖とは?

美巣は、最高級の天然アナツバメの巣を使用しており、食べるタイプとサプリメントタイプがある健康美容食品です。

 

美巣は希少価値の高いマレーシア山間部で採れたものを使用しています。
ツバメの巣には、糖鎖と呼ばれている仕組みがあります。

 

糖鎖とは、細胞と細胞をつないでいる情報伝達器で、細胞と細胞のつながりを円滑に行なうことをさします。
身体の免疫システムを正常に動かすのに大切な役割をになっています。
病原体などが体内に侵入すると、身体の外へ排除する命令を出すことも役割のひとつです。

 

また、がん細胞を見つけることもでき、自己と非自己を見分けます。
糖鎖になるためには、200種類ある単糖の中で、8種類です。

 

グルコース、ガラクトース、マンノース、フコース、キシロース、N-アセチルグルコサミン、N-アセチルガラクトサミン、N-アセチルノイラミン酸です。

 

食事から十分とれるものと、ほとんどとれないものがあります。糖鎖の元になる栄養素は糖質のみで、砂糖とは異なります。

 

美巣には、栄養素8種類のうち、6種類が含まれているのが特徴です。ガラクトースと、マンノース、フコース、N-アセチルグルコサミン、N-アセチルガラクトサミン、N-アセチルノイラミン酸が含まれています。ガラクトースは、ガンの成長や、
転移を阻害したり、腸内細菌を維持する働きがある他、カルシウムの吸収を良くするはたらきがあります。

 

マンノースは細菌に感染するのを防ぎます。フコースは、ガンの成長や転移を阻害する他、気道感染症の治療に使用されたり、抗炎症作用があります。

 

また、N-アセチルグルコサミンはヒアルロン酸の素となり、変形性の関節症の治療にも使用されています。

 

N-アセチルガラクトサミンは、ガンの増殖や転移に関与しており、N-アセチルノイラミン酸は脳の発育に関係しています。

 

また、粘膜の粘度を調整し、コラーゲンの素にもなります。糖鎖に異常がきたすと、ガンや奇形などに深く関係がある他、精子や卵子の糖鎖に欠如があると不妊症になるなど、とても重要なはたらきをしています。

 

身体の健康維持はもちろんのこと、美巣に含まれている成分は、美容にもおすすめです。
表皮成長因子であるE.G.F.様物質も含まれており、お肌の細胞の再生能力を本来の状態にひきあげることも期待できます。
もともと身体の中に含まれている成分のため、安心して摂取することができます。

 

体内とお肌のアンチエイジングにも最適な美巣、是非試してみてはいかがでしょうか?

 

 

美巣