てんさい糖とは?

てんさい糖とは?

最高級天然アナツバメの巣を使った美巣は、てんさい糖にこだわりを持っています。

 

市販されているツバメの巣を使用した食品は、さとうきびを原料とした砂糖を使っていることがほとんどです。

 

美巣がてんさい糖を使うのは、天然のミネラルが、たっぷりと含まれているためでもあります。
本来ツバメの巣というのは、味もなければ香りもないものです。

 

それを美巣は、ほんのりと品のよい甘さを、てんさい糖により加えました。美巣を口にすると、まろやかな甘みがあるのは、てんさい糖のおかげです。
そのため、美巣は優しい甘みも楽しけることになります。さとうきびは、熱帯の植物であり、身体を冷やす作用も持っています。

 

てんさいは寒冷地で採れるため、施主することでカラダを温める作用があるのです。
てんさいの素晴らしいとことは他にもあります。オリゴ糖を含んでおり、ビフィズス菌を増やすのにも一役買ってくれます。

 

腸のなかで元気に働くビフィズス菌ですが、年齢を重ねるごとに、減っていきます。減るのであれば食べ物から補おうとするのが普通の考え方です。
しかし、胃酸などの作用が働いてしまい、腸まで届きにくいのが現実です。

 

てんさい糖に含まれるオリゴ糖は、腸内におけるビフィズス菌の栄養源となってくれます。
そのため活性化のサポートをしてくれることになるのです。てんさいは、お腹も元気にするお手伝いもしてくれます。
真っ白な上白糖はおなじみではありますが、なんと99%以上が炭水化物からできています。

 

 

これに対してんさいは、天然ミネラルが豊富です。
リンやカルシウム、カリウムといったミネラルが豊富です。
体の中で、ミネラルは作られません。そのため、食事で摂取する必要があります。

 

てんさいというのは、作物の名前です。ほうれん草と一緒のアカザ科の作物ですが、見た目はまるで大根のようです。

 

白くて大根のような見た目ですが、その白い根部分を、細かくカットして、さらに煮出します。これにより糖分を抽出しえいくのです。

 

お砂糖にも、様々な種類があります。ほかの砂糖との差は、いくつかが挙げられます。
上白糖やグラニュ糖との違いは、天然のミネラルやオリゴ糖を含むところです。てんさいは、まろやかな甘さや、風味とコクを持つ味わいも特徴的です。
上白糖はしっとりしていて、グラニュ糖はさらさら、てんさい糖はまろやかで品のある甘さです。

 

その優しい甘さが、美巣にもバランス良く活かされているのです。